『いつかティファニーで朝食を』七巻も、サブカル非モテ文学女子きみこが、泣けました。

スポンサード リンク

風呂でプルプル震えながら読んだよ。若かりし頃の無知で愚かな自分を思い出しながら。

『いつかティファニーで朝食を』は、悩めるアラサー女子たちと朝ごはんの話。朝食風景はほぼ実在する店舗や商品がそのまま出てきます。

一話完結で話ごとに主人公が異なり、セックス&ザシティよろしくメインの主人公が四人(アパレル会社社員、実家のイベント会社手伝い、ヨガ講師、夫のデザイン会社を手伝うワーママ)いるのですが、その次に出番の多いのがアパレル会社の同僚、きみこ。

メガネの子がきみこ。常に一人行動、上から目線、何年もひたすら片思い、変に意識高い、メジャーからサブカルまで確かに知識はある、そしてそれをうっすらひけらかすし、アホスイーツをひっそり蔑むタイプの子。

この漫画の他の四人の主人公はみんな美人だし真っ当だし正直あまり共感はできないのだが、不美人でひねくれたきみこの話はとにかく他人事に思えず刺さるのだよね。きみこだけスピンアウトしないかなマジで。

--- @kaoritter BLOG でした。follow us in feedly

スポンサード リンク