昨日、衰えきった英語力を数字で直視するためにTOEICを受けてきた。 TOEIC向けの勉強は一切せず、会場についてから「TOEIC 直前 単語」でググって「芝を刈る」とか「散水する」とかそういう単語を詰め込んでみたら、まんまと出てきた。テスト項目ごとの時間配分も直前にググった内容を参考に進めたら、ぎりぎりだけど最後まで答えきれた。

一夜漬けどころか、直前10分で詰め込んだ小手先テク。

こりゃ「TOEIC攻略」とか言われるわけだと納得した。 TOEICのための英語っていうのがあるのね。 さらにいえば、2時間のテストと往復移動時間も考えると、半日つぶれるのは結構しんどい。 貴重な日曜日にむすめほったらかしにしてしまった。(もちろん、父ちゃんが見てたけど)

となると、私にとっては、今の自分の英語力を直視したい&学習成果のインジケーターが欲しいという目的ならば、他のオンラインテストの方が有用かもしれない。

軽くググったなかでは、GTECがいいかもしんまい。 GTEC(社会人・大学生向け)| 英語コミュニケーション能力を測定するオンラインテスト

オススメあれば教えてくださいませ。

TOEIC受けに行ってきたのだ。集中力持たなかったのだ。でも最後までは何かしら埋めたのだ。

Kaori Kotobukiさん(@kaoritter)が投稿した写真 -

今年もいろいろ良いお買い物ができました! その中でも私や我が家の生活を変えたものを中心にご紹介します。ガジェット多めです。

Pebble Time Red

今年、私のライフスタイルを変えたアイテムNo.1は腕時計型スマートウォッチ、Pebble Timeです。KickStarterで初めて買ったガジェットでした。夫がMorphy Oneでやらかしているので、クラウドファンディングのガジェットには腰が引けていたのですが、Pebbleは初代もKickStarterで資金を集めてきちんとローンチしていたし、製品の評判も悪くなかったので、勇気を出して買ってみました。

感想は、「Pebble Time のおかげで、電話を逃さなくなった。買ってよかった」記事にも書きましたが、電池が数日持つ、防水なのでキッチンでも安心、電話や通知を見逃さないですむ、前後の予定がいつでもわかる、Misfitアプリが動くので運動&睡眠トラッカーになる、現在時刻と天気と日付がいつでもわかる、やろうと思えばテトリスくらいならできる、ニュースも読める、シリコンバンドにベゼルが太く角丸な画面というおもちゃっぽい本体もUIのアニメーションもかわいい、そして常に機械を身に着けているので気分がいい。などなど、お風呂以外の時間はつけっぱなしです。

20150908215640.jpg

MacBook 12インチ GOLD

自分で買ったものではなく、会社から支給された業務用のマシンではありますが、今年の私の相棒として大活躍してくれたという意味で、ランクイン。

ゴールドのMacBook 12インチに付属のAppleステッカーもゴールドだった件」記事でも書いていますね。

USB-Cのみに割り切った接続端子も、慣れれば特に不満はありません。軽いし、画面キレイだし、キータッチも薄いけどしっかりしているし、外部接続はコネクタを持ち歩けばいいだけです(若干やせ我慢)。

来年はまともに使えるWinデバイスも一個欲しいな。

綺麗に使いたいので、このハードシェルケースにいれて持ち歩いています。

QY7

Bluetooth接続のインイヤー型イヤホン。Amazonで2,500円弱というお値段も魅力の一つ。耳に合わせるためのパーツが豊富で、ピッタリ合わせられるので、長くつけていても耳が痛くなりません。

こんな形状になっています。

最近のiPhoneはイヤホンジャックが左下にあるため、ジャックにささっていると左手でスマホを持つわたしの手にはとても邪魔なのです。が、このQY7なら、Bluetooth接続のためイヤホンジャックを使いません。スマホを手で持つ時もがっちりホールドできるし、鞄に突っ込んどいてもいいし、家事をしながらのときはテーブルとかに置いとけばいい。楽ちんです。

これのおかげでPodcastを聞く時間がさらに増えました。たとえば、満員電車内、料理中、お布団の中なども。

ニトリの電気ケトル

電気ケトルもポットも持っていなかったため、今まではずっとやかんでお湯を沸かしておりました。そのためお茶を飲む機会もそんなに多くなく、冷たい飲み物ばかり飲んでいました。

ですが、もういい年だし、冷え性だし、体温めていこうと思って、意を決して(置き場を確保するという意味で)電気ケトルを買ってみたら大正解。お茶を飲む機会が増えました。ティーパックのほうじ茶か玄米茶かハーブティーを飲んでいます。インスタントフード(アマノフーズのお味噌汁はおいしい!)にお湯を入れる時も便利。いつでもお湯が使える生活っていいね。

ニトリのケトルのいいところは、ベース部分と電気ケトル本体が一体型のデザインで、セットした時の見た目がすっきりしていること。電気ケトルの代名詞みたいなメーカーのは、ソーサーみたいにベース部分がはみ出ているデザインが気に入らなかったのです。。

電気ケトル(ラマーレ 2SN-3228WH)

スプラトゥーン

マンメンミ(挨拶)!わたしがというよりも、むすめがめちゃくちゃハマっています。インクを撃ちあって色を塗り、陣地を増やす縄張り確保ゲーム、スプラトゥーン。小1でウデマエBクラス安定で、もう母ちゃんは勝てる自信がありません。

ステージや武器の追加、ゲーム内イベントであるフェス開催などアップデートも多く、飽きずに楽しんでいるようです。キャラクターも世界観もかわいいし、殺伐としていないので、こどもがやっていても安心なところも良いです。むすめは毎日毎日、YouTubeのお手本動画みながらキーボードでシオカラ節弾いてます。

BIC SIM

スマホ本体の割賦金とあわせて、3大キャリアのどれかに毎月8000円近く払い続ける生活に疲れました。iPhone6S SIMフリーモデルを買って、格安SIMに切り替えたことで、月5GB以上使うヘビーユーザの私も、電話番号そのままで毎月2-3000円くらいの通信料になりました。

ビックカメラ | BIC SIM(ビックシム)

AnkerのケーブルやUSB急速充電器やモバイルバッテリー

Ankerという周辺機器メーカーの信頼性が高いと聞いて、いろいろ一気に買い換えました。

今使っているのは、Lightningケーブル。

モバイルバッテリー。

そして、5ポート急速充電器。2ポートのも持っています。これとUSB-Cケーブルで、MacBookへの給電も可能です。旅行の時もこれひとつでほとんどの機械の充電がまかなえるのでとても便利です。

邪悪なハンコ屋しにものぐるいのはんこ

小学生ママになって増えた毎朝のタスクは、学校と学童の連絡帳や宿題やその他いろんなものへ確認サインをする作業。毎日数カ所にサイン書くなら、はんこにしてしまえ!と、むすめが大好きな黒猫デザインのかわいい専用はんこを買いました。もう数百回は押しています。ひとつで十分とわかっていつつも、もう一個違うデザインのもほしい。

#しにものぐるい のはんこ、ついに我が家にも届いたわよー!」ノート参照。

邪悪なハンコ屋 しにものぐるい オリジナルハンコ、認め印通販

goen planetplanetのゴールドなお財布

以前買った財布がボロボロになっているにもかかわらず、いいものに出会えず一年半くらい探し続けてやっと出会えました。条件は、ゴールド、長財布、札入れも小銭入れも2つに仕切られている、カード入れが多い、切手やクーポンや領収書など紙切れを入れられるジッパーつきのポケットがある、小銭入れが外側にあって財布を開かずともアクセスできる、かわいいことなどでした。森本千絵さんデザインの財布は条件にぴったりでした。

フラップのイラスト部分もかわいいし、中身もすごく使いやすくて愛用しています。

詳しくは、「ふくろうにゴールド。これでもかという金運アップデザイン。派手で可愛くて見るたびテンションあがりそう!!」ノート参照

手ぬぐいたくさん

今年のマイブームは、手ぬぐいでした。

きっかけは落語漫画。4kさんから、彼が主催する会「シェアする落語」や落語漫画「昭和元禄落語心中」について教えていただき、一晩で漫画を読み終え、落語といえば欠かせない小道具である手ぬぐいに興味を持ち、濱文様の手ぬぐいを試しに1枚買ってみたところから、転がり落ちるように手ぬぐいに心を奪われてしまったのでした。

かまわぬ、濱文様、kenema、JIKAN STYLE、永楽屋といったブランド手ぬぐいやノーブランドのお安い手ぬぐいを買いあつめ、あっという間に14,5枚ほどになりました。その手ぬぐいを、日々いろんなことに活用しています。タペストリーとして、ハンカチとして、キッチンのおてふきとして、お風呂やプールあがりに娘の頭を巻く、カメラなど機械を包む、枕カバーにする、お風呂場に持ち込んで半身浴読書中の汗を拭う、体を洗う拭くなど。大判で(フェイスタオルくらい)軽く薄手の布地は万能です。

毎日、家族で数枚の手ぬぐいを使い、洗い、ほつれた部分をハサミで切って、丁寧にたたみ、手ぬぐい入れにしまいと、ちゃんと使い込んでくったりやわらかい手ぬぐいに育つよう日々手をかけています。突如目覚めた私の手ぬぐい愛に、家族は若干引いてます。

Amazonで買える手ぬぐいなら、レトロ小紋シリーズがおすすめ。百円ショップのてぬぐいはいつまで使ってもごわごわ固いままですが、こちらは布の質が良いのか、使い込んでいくとやわらかくしなやかになっていきます。ブランド手ぬぐいはだいたい1000円前後〜というお値段ですが、こちらはその半額だけど良い品質です。かわいいし。

来年ほしいもの

惜しくもトップ10に漏れた、生活を変えたアイテムはMAKITAの掃除機と、Kindle paperwhiteでした。前者は掃除が気軽にしやすくなった、で、後者はバックライトのおかげで本がいつでも読める、です。Kindle PWは防水版待ってる。

さて、最後に、来年欲しいものを書いておきます。

  • Adobe Revel の代わりの写真ストレージ
  • 定期と鍵を小物を入れられる、マルチなキーケース

どちらも探し続けているのですが、これってものがみつかりません。来年も物欲道は続きそうです。

FabCafe で行われた、「Surface クリエイティブワークショップ ~Lightroomで直感的にプロ級の写真編集~」 に参加してきました。 このワークショップは、11/12に発売されたばかりのSurface Pro 4の実機を使い、Adobe Lightroomでの写真加工を、HDRフォトグラファーの石川 真弓(通称まゆみん)さんから学ぶというものです。Surface触ってみたい&写真加工に興味あり、な私にはバッチリな内容のワークショップ。当日は、実際に体験しながらTwitterで実況もしていたので、ツイートを引用しつつ当日の模様をご紹介します。

Surface Pro 4 は、ペンが使いやすそう

こちらのSurfaceをお借りして、Lightroomを体験しました。

Surface Pro 4 の特徴については、こちらのCMがわかりやすいかと思います。高精細12インチ、外付けキーボード、そしてペンが特徴的ですね。動画を見る限り、クリエイティブワークに使って欲しいイメージなのかしら。

電磁誘導方式のペンが付属。サイドに磁石でくっつくのが気が利いています。動画でわかるように磁力が強めで、ぴったり張り付き簡単に落ちなさそうなのが、モバイラーな私としては高評価です。画面から浮かせた状態でペンを動かすと、ペンに合わせてカーソルも動きます。つまり、画面の真上でペンをマウスのように使えます。タブレットのように、画面に指などが接地した状態の操作であるタップorドラッグとは異なりますが、マウスでなれた操作体系なので違和感ありません。ペン型なので、画面に直接絵や文字を書く感覚も自然。Lightroomで、写真の一部を塗りつぶしたりするのも簡単でした。

画面はとても明るくて高精細。12.3インチと大きめなのは良いのですが、Surfaceは画面の背面にスタンドがあるため、カフェでの利用はテーブルが狭くなりそうかな、と思いました。狭いコーヒーテーブルに、画面裏のスタンドとキーボード部分が接地しないと安定しないので、あとドリンクを置いたら他には何も置けないかも。

キーボードのタッチ感も悪くないですし、全体的には質感高くて、所有欲が見たせるマシンだと思いました!

Lightroom で写真加工

そして、自身もSurfaceユーザーのまゆみんによるLightroomでの写真加工レクチャータイムです。

最初に驚いたのはこの機能。

歪みや傾き補正のための upright という機能を使って、斜めから撮った建物をしゃきっとまっすぐにしてみました。ボタン一発で、水平方向のみ、垂直方向のみ、もしくは両方をまっすぐにしてくれます。もちろん手動で数値でパラメータを変えつつ微調整も可能。これはすごい。失敗写真がだいぶ補正されそうです。

びっくり機能その2は、あっという間に不要なものを消す、スポット修正機能。ペンでぐりぐり消したい部分を塗りつぶすと、近くの似たパターンを持ってきて合成してくれます。あっという間に人が消えた!

20151221202708.jpg

そして色補正です。今年の夏に行った台湾旅行で撮影した、曇り空の西門町の町並みのスナップ写真で、左がビフォー、右がアフターです。まゆみんに見てもらって、ぱぱぱっと幾つかのパラメーターをいじってもらったら、こんなにギラリと派手な台湾ぽい色合いに補正されました。傾きも直してパッキリとしましたね。

Lightroomのサイドにはヒストリー機能があり、作業した内容をステップごとに保存しています。まゆみんがあっという間に行った操作を、後からたどるのにもわかりやすいし、何ステップか前の状態に戻すのも簡単。

設定変更していた内容をたどると、だいたいこんなことをやっていたようでした。

そして、別の写真で自分一人でやってみました。写真は中正記念堂。空の色はくっきり、建物の輪郭や質感がはっきりして、重厚感がでましたね。

Lightroomは、月々980円のCreative Cloudメンバーシップに加入するとPhotoshopとセットで利用できます。ビフォーアフターがこんなに違うなら、ちょっと検討してみたいなと思いました。

というわけで、本イベントを企画したみなさま、ありがとうございました!

今日の夜からずっと、鼻づまりで眠れず苦しみ泣きどおしのむすめのためにやったことを記録しときます。

  • 暖かい服を着せる
  • 熱を測る(微熱だった)
  • 風邪薬を飲ませる
  • ティッシュとゴミ箱を近くに用意
  • 鼻をかませる
  • お茶を飲ませる
  • まくら高めにして寝かせる
  • ヴェポラップを胸に塗る
  • ヴェポラップを溶かしたお湯の蒸気を嗅がせる(加湿も期待)
  • ブリーズライト子供用を鼻に貼る
  • ティッシュのこよりで少しでも鼻水を吸い取る
  • 空気清浄機を最強で回す
  • まくらとお布団の上にバスタオルをひいて寝かせる(涙や鼻水や戻してしまった時のために)
  • 親は隣でマスク&こまめな消毒手洗いしつつ待機

他に何ができるだろう。

いまは、ブリーズライトのおかげか少しは鼻が通って寝てくれている。このまま朝まで眠れますように。

追記:翌朝の状態

ブリーズライトの効果か、朝はすこし鼻がぐずぐずするくらいで、元気に習い事にも行けました。良かった。
でも、たぶん今晩も鼻水でしんどくなってしまいそう。もしそうなったら、この記事を読んだママ友たちからTwitterで教えてもらった、蒸しタオル、試します。

貴方の好きなものは何ですか?電車ですか?キャラクターですか?インテリアですか?なんか思いつくキーワードに「レゴ」を足してググってみてください。

たとえば、「レゴ マッキントッシュ」とかでググってみましょう。

「なにこれ超かわいい、たまらん!欲しい!!」って思うものひとつ、ふたつ見つかったんじゃないでしょうか。

レゴオフィシャルで販売している、STAR WARSのパッケージもいいけど、NINJAGOもいいけど、もっと違うオリジナルなニッチなレゴのパッケージがあってもいいではないか。ましてや、「俺が考えた最強にかっこいいレゴ」を作って、投票が集まったら製品化されるかも、そしてちょっとマージンももらえるかも?としたらどうでしょう。

そんなことができるサービス、CUUSOO BRICK の使い方をまとめてみました。

なお、わたくし @kaoritter はCUUSOOのマーケティング活動へのアドバイスなどをしており、この記事もCUUSOOからのリクエストで執筆しています。

CUUSOO ってなに?

CUUSOOは、"ユーザーの欲しいをカタチにする"というミッションのもとに、ユーザ投稿のアイデアに投票を集め商品化を支援する、クラウドファンディングサイトです。97年に立ち上げた「空想生活」から始まっている、歴史の長いサイトなのです。

過去には、無印良品やLEGOのユーザ参加型製品開発のプラットフォームを部分を担っていました。例えば、あの「人をダメにするソファ」も、CUUSOOプラットフォーム発のプロダクトです。

CUUSOO BRICK について

LEGO 社と共同運営していた LEGO CUUSOO は、「ユーザーに投稿してもらったレゴ作品の中から多くの票を集めたものを、審査の上で LEGO 公式で製品化する」というものでした。この事業を2014年に LEGO 社に売却したあと、よりニッチなニーズのアイテムでも小ロットで商品化できるよう、中古ブリックを使って新しく始めたサービスが、CUUSOO BRICKです。

レゴや互換ブロックで組み立てたレゴ作品ことMOC(My Own Creationの略。ファンが作るオリジナルレゴ作品)を投稿し、投票が集まったら、「必要なブロックを集め、組み立て説明書を用意してパッケージング」といった商品化を支援し、販売するサイトです。

世界中のティーンエージャーからキャラクターや、戦車、レーシングカー、ロボット、建築といったたくさんのレゴ作品の投稿が集まってきています。

CUUSOO BRICKでできることは大きく分けて2つ。

  1. レゴ作品の投稿
  2. 気に入ったレゴ作品に投票

というわけで、自分のレゴ作品を投稿する方法はこんなかんじです。

自分のレゴを出品してみよう

1. 新規ユーザ登録をする

https://cuusoo.com/のサイトの右上からユーザ登録をします。

  • Twitter
  • Facebook
  • メールアドレス&パスワードで登録

でユーザ登録できます。ここは簡単。

2. 投稿画面に移動する

まずは、CUUSOO BRICK(https://cuusoo.com/brands/cuusoo-brick)の最上部にある、[投稿する] ボタンを押します。

そして、[アイデアを投稿する] ボタンを押すと、

[アイデアを投稿する]画面に、たどり着きます。

3. タイトルを入力する

[アイデアを投稿する] の画面で、必要項目を入力していきましょう。CUUSOO BRICKは、日英ハイブリッドなサービスです。なので、タイトルは二ヶ国語で登録可能です。外国のティーンエイジャーも多いサービスなので、英語圏の皆様に読んでもらえるよう英語のタイトルを作っておくことをオススメします。基本はレゴ作品自体は写真で勝負!なので、自動翻訳でも十分かと。

タイトル枠の下にある [追加] ボタンを押すと、もう一種類タイトルを記入できます。こちらには、[言語表記] を英語にして、英語のタイトルを追加。

こちらのGIF動画を御覧ください。

4. 説明を入力する

タイトルの次は、説明文。メニューの中に、テキスト、画像、引用画像、動画、とありますので、これらのアイテムを使って説明文を作っていきます。

まずは、テキスト。こちらも言語表記を決めて説明文を入力できます。こんな風に、テキスト枠を2つ作って日英で説明をかけるとモアベター。

次に大事な画像!アップロードボタンを押して、画像を追加します。何枚でもOK。投票してくれる人へのアピールのためにも、将来の商品化の参考のためにも色んな角度の写真を投稿しておくとよいと思います。

テキストや画像といったアイテムは、自由に順番を入れ替えられます。

最後に、検索してもらいやすいようにアイテムのタグを入力し、希望販売価格を書き、利用規約同意にチェックを入れて、[アイデアを投稿] します。

そうすると、プロジェクトが作成されます。が、この時点ではまだ非公開状態。こちらで表示を確認しましょう。

右上のアイコンで日英の言語を切り替えられます。

両言語で表示を確認し、気になる点は [プロジェクトを編集する] から修正。

問題なければ [公開を申し込む] で、公開します!

CUUSOOのチームがすべての投稿を確認し、問題なければ、全世界に公開!となります。しばし待ちましょう。

投票を待とう

1. プロジェクト公開されたら、ソーシャルで紹介!

CUUSOOから「新しいプロジェクトが公開されました」というメールが来たら、投稿完了です!

投稿されたプロジェクトページはこちら。

https://cuusoo.com/projects/49048

せっかくなので、TwitterやFacebookでお友達に紹介したりして、投票を待ちましょう。

2. 投票してみよう。

自分のアイテムに自分で投票することもできます。投票は、右上にある [投票する] ボタンから。

これくらいの値段なら買うかなあという価格、購入するならいくつか、コメントを書いて投票します。この時点では製品化するもしないも決まっていませんし、ここで言った値段・個数で購入する必要はないので、気楽にどうぞ。

コメントは、 [プロジェクトのページに投稿します] チェックマーク付きで投稿すると、ページのコメント欄に表示されます。

3. 投票を受け取ろう

あなたのプロジェクトに誰かが投票してくれると、「投票獲得のお知らせ」というメールが届きます。コメントを頂いたらお礼のメッセージをしてもいいですね。

あとは、票が集まるのを待つだけ。めでたく100票獲得したら、商品化検討のステージへ進みます。そこから先はCUUSOOとともにパッケージ制作のための組み立てマニュアル作りなどを進めていく事になります。

まとめ

CUUSOO BRICKは海外からの訪問も多く、自作レゴ作品の全世界へのお披露目の場としてもオススメです。こどもと一緒に作った自慢の作品を投稿して、外国の方からコメントがついたり投票が来たりしたら嬉しいですよね。

こころのふしぎ なぜ?どうして?』という本を、毎夜、6歳と数ページずつ読み進めている。

この本には、こころに関するたくさんの良い質問と、優しい答えがたくさんのっています。
たとえばこんな感じ。

・正義ってなに? 正義も、違う立場から見たら悪になってしまうかもしれないよ。
・がんばると、どうなるの?あきらめると、どうなるの?
・いじめられたら「いやだ」って言おう。言えなかったら?
・死ぬってどういうこと? 太いリボンでつながっている誰かが死んでしまったら、切れたそのリボンは重い鎖になって貴方の心を深く落としてしまうんだよ。

もちろん本に載っている答え以外にも、人それぞれいろんな考えがある。
だから、読みながら、話し合いもします。

「なんでこうなったのかな?むすめはどう思う?ママはこう思う。」

この本の中に「悲しい」に関する話がありました。

本には「悲しい、のことは大人がよく知っている。大人の人に聞いてみて」と書いてある。だから、私が一番悲しいことを話してみました。

「ママは、ママのお父さんが死んじゃったことが一番悲しい。むすめが生まれる前に、いなくなってしまったの。ママはもう大人だったのに、素直になれなくて、お父さんに結局『育ててくれてありがとう』って言えないままになってしまったの。言えなかったことが一番悲しい。」

むすめがぽろぽろ涙を流す。

「ママはお父さん死んじゃったの?むすめのお父さんも、むすめがおとなになったら死んじゃうの?」

「死なないよ。ママのお父さんとむすめのお父さんは違う人だから、だいじょうぶだよ。ママのお父さんはもういないけれど、ママのお母さんはいるから、お父さんの分まで優しくしようと思っているの。ママのお母さんはむすめのおばあちゃんだよ。優しくするのを手伝ってね。」

「うん、わかったよ」


良い問題提起、良い解答例、そして良い意見交換ができる本でした。
読み終わったら続きの本『続・こころのふしぎ なぜ?どうして?』も買おうかな。



セブンイレブンで、俺のイタリアンのティラミスアイスを買って食べてみたよ。

mt-20150910180632.jpg mt-20150910180642.jpg

ココア、チョコレート、チーズアイス、コーヒーの染み込んだスポンジの四層仕立てです。

mt-20150910180650.jpg

260カロリー。

mt-20150910180712.jpg

フタを開けると一面のココア。真ん中にちょんとツノがあるのがかわいい

mt-20150910180723.jpg

1匙すくってみた。チョコの部分はパリパリ。チーズアイスの部分はまったりうまい。

mt-20150910180729.jpg

最下層のスポンジもコーヒーが染み込んでティラミスさ満点。

美味しゅうございました。

20150908215640.jpg

Pebble Timeとは、電子ペーパーディスプレイのスマートウォッチ。 多くの人に、「あ、Apple Watch!」って言われるけど、違うやつ。

電子ペーパーだから、カラーと言っても色数が決まっているし、ドットは荒いし、その分バッテリーが数日持つ。好きな時計画面を選べるし、Misfitアプリ入れれば活動量&睡眠計測できるし、もちろんスマホの通知をこちらにも表示できるので鞄の中に入れたスマホの電話に気づける。次のMTGの時間と場所がわかる。防水なので、ばしゃばしゃ手を洗えるし料理もできる。そして、全体的にややチープでおもちゃっぽい。そこがかわいい。

私の電話はめったに鳴らない。けれど、鳴る時は学童やら小学校からの緊急事態のことが多い。そんな大事な電話を逃しがちだった私には福音だ。これのおかげで数回の電話を逃さずにすんだ。それだけでも買ってよかった。

8月頭に1週間ほど、夫婦+6歳女子+友達の4人で台北に行ってきました。 私自身は4回めの台湾。そして、家族でも去年夏に1週間行っているので、すっかり台湾リピーターな私たちがおすすめする小籠包のお店をご紹介します。

その名も「杭州小籠湯包」、中正紀念堂のすぐとなりにあります。MRT(地下鉄)の駅の最寄りは東門駅か中正紀念堂駅。私たちは、西門町の宿からタクシーで行くことが多いです。

台湾で小籠包といえば、鼎泰豊か京鼎樓を思い浮かべるでしょうか。そういう高級店は日本にもあるしね、ということで、私は台湾では庶民的なところばっかり行っています。そんな私が必ず台湾滞在中に2回は行くお店が、こちらなのです。

黄色い看板が目印です。

オウンドメディアをはじめて1ヶ月。すごい効果がありました | THE BAKE MAGAZINE」のブログ記事でも有名な、 @ciotan さんが編集長をやっていらっしゃるお菓子のスタートアップ BAKE のオウンドメディアの取り組みを紹介する勉強会に行ってきました。

内容については冒頭の記事と、下のツイートのまとめ画像をどうぞ。

迅速な承認フローと、社内を巻き込む&愛されるは同意。私が運営している、Six Apartブログも同じことを念頭に置いています。

現地で以下のようにツイートしましたが、

なんだか日本語めちゃくちゃですが、、、言いたいことは、立ち上げの最初の記事からブーストするためには記事のクオリティだけでなく、伝播ルートの確保も大事。そのルートとしてキャラが立ったソーシャル発言力のある個人が積極的に広めていくのはとても有効な施策、ということです。

そりゃ有名な人の発信なら広まるよね。。。と、お思いでしょうか。

その人がその発言力を得るために、個人メディアとしてSNSを活用し発信し続けてきたからこそフォロワーが増え、影響力が生まれたのは当然のこと。自分の個人メディアを今後もコツコツ育てていこう、と個人的には思いを新たにしました。

もちろん、個人の発信力だけでなくネイティブアドを使うといった手段もありますね。

もうひとつ。

B2Bは対象範囲が狭く深い。だからこそ、属人性のある発信が有効という点についても同意しました。

彼女の、自然体でぶっちゃけトークなプレゼンの仕方も、通る声も、話が入ってきやすくて良かったです。勉強会終了後、@ciotan さんのご挨拶の列がずーっと並んでたのも納得。

BAKEといえば、チーズタルト!

というわけで、並ばないと食べられないというあのアレを懇親会タイムにいただきました!!

ベイクドな見た目ながら、レアチーズケーキのようにふんわりしっとりやさしいお味。何個でも食べられそうです。と思っていたら、懇親会終了際にまだ何個か余っていて薦めてくださったので、二個目も食べちゃいました。美味しかったです。ごちそうさまでした!