MongoDBのチュートリアルの最後に、おお!って思った

スポンサード リンク

MongoDBのページにある、"Try it out!"ボタンを押すと、ブラウザ内にShellが現れMongoDBのチュートリアルができます。

コレクション(Table)に、JSON形式でドキュメント(Record)をSAVEして、いろんな方法でFindして、ドキュメントをUpdateして、コレクションを削除して、と言ったひととおりのチュートリアルの最後がこちら。

mongodb.png

「'email'っていうコレクションを作って、あなたのメルアドと名前を登録してくれたら、Tシャツかマグをゲットできるかもよ?」

欲しい!ので早速登録しました。このタイミングで今習ったばかりの方法で登録させるの、うまいなー。試してみたくなるものなー。チュートリアルが終わった瞬間にすかさずコンバージョンポイントを持ってくる。「ユーザーが達成感に浸る瞬間に広告を表示するKiipが日本展開を本格的に開始」の記事を思い出しました。

ところでMongoDB。JSON形式で書かれたさまざまな構造(スキーマレス!)のドキュメントを一個のコレクションにがつんとまとめて、JavaScriptで高速で呼び出せるみたいですねえ。構造がしっかり決まったRDBMSと違って、柔軟なのはいいけれど、柔軟すぎてあとでこんがらがったりしないのかなー。

スポンサード リンク