コンビニで買えるプリペイドクレカ「バニラ」を使ってみて疑問に思ったことなど

スポンサード リンク


バニラとは、ネット決済専用のVisaのプリペイド型クレジットカード。コンビニにあるカード販売コーナーに並んでいるこういうやつです。

2013年10月に発売開始されたばかりだそうです。

使い方

使いはじめるまでは、こんな感じ。

1. 5,290円/10,490円/20,890円の3種類のカードのどれかをコンビニで買う

2. バニラのサイトからユーザ登録してカードの裏の番号を登録する

3. バニラのサイトで専用のカード番号、期限、セキュリティーコードが発行される

ので、発行されたカード情報でお買い物するだけです。簡単でした。

良いところ

良いところは、Visaマークのあるオンラインサイトであれば普通のカードと全く同じように利用できること。

また決済するたびにメールで利用額と残額を教えてくれることも便利です。

万が一の時もメインカード情報の漏洩よりは、被害が少ないこともありますね。

微妙なところ

プラスチックカードを買うにもかかわらず、そのカードにはICチップや磁気情報がないのでそのままカードとしては使えません。あくまでも、カード番号が発行されるのみ。なので、オンライン専用なのですね。

もちろん 5,290円の購入代金のうち、カード利用可能額は5000円なので、ご注意を。

そして、三ヶ月利用しないと毎月210円の管理料がかかるそうです。カード残額が0円になるまで引き落とされるらしい。

一番謎なのは、端数をどう使い切れば良いのだろうかというところ。数十円ならば、放置してそのまま管理料として落とされて0円になって終わり、でもいいけれど、数百円だとちょっとなー。どうしたら良いのでしょうかね?

使い所

子供にお小遣いとして持たせたり、初めて使うサービス専用の課金に使ったり、サブカードとして使えるかなあ、と思うのですが、使い切れないもったいなさがもやもやしますね。。

バニラ Visa オンライン(ネット決済専用プリカ)

iPhone より

スポンサード リンク