のーもあ理不尽

スポンサード リンク

武蔵野市の三歳時検診で保育士さんがやってくれた、こどもに交通ルールを教える人形劇。

その中にとっても気になるセリフがあった。

「良い子のみんなは、横断歩道を渡るときは大きく手を上げましょうね。お父さんお母さんは恥ずかしいからやらないけれど。」

・・・言葉尻を捕まえるようで申し訳ないが、私たち大人は横断歩道を渡るとき、恥ずかしいから手を上げないのだろうか。

こどもは恥ずかしさに負けないよい子だから、手を上げるのだろうか。

いや、違う。こどもは小さく、車の運転席から見えづらいから手を上げるのだ。

だからむすめには、お家に帰ってからちゃんとそのように教えた。まだ一人で横断歩道なんてぜったい歩かせないから、ちょっと気が早いんだけどね。

身長が130cmくらいになったら手を挙げなくても良いかもしれない。そのかわり運転席の人の顔を見て、ここにいるんだよとアピールしたらいいよと、教えようかな。

と、なるべく理不尽にならないように、なるべく矛盾しないように、なるべくごまかさないように、親としてがんばってまいりたい。

大人の理不尽と矛盾とごまかしが大嫌いだった元こどもとして。

スポンサード リンク