英語力を直視したい&学習成果のインジケーターには、TOEICは適していないかもしれない

スポンサード リンク

昨日、衰えきった英語力を数字で直視するためにTOEICを受けてきた。 TOEIC向けの勉強は一切せず、会場についてから「TOEIC 直前 単語」でググって「芝を刈る」とか「散水する」とかそういう単語を詰め込んでみたら、まんまと出てきた。テスト項目ごとの時間配分も直前にググった内容を参考に進めたら、ぎりぎりだけど最後まで答えきれた。

一夜漬けどころか、直前10分で詰め込んだ小手先テク。

こりゃ「TOEIC攻略」とか言われるわけだと納得した。 TOEICのための英語っていうのがあるのね。 さらにいえば、2時間のテストと往復移動時間も考えると、半日つぶれるのは結構しんどい。 貴重な日曜日にむすめほったらかしにしてしまった。(もちろん、父ちゃんが見てたけど)

となると、私にとっては、今の自分の英語力を直視したい&学習成果のインジケーターが欲しいという目的ならば、他のオンラインテストの方が有用かもしれない。

軽くググったなかでは、GTECがいいかもしんまい。 GTEC(社会人・大学生向け)| 英語コミュニケーション能力を測定するオンラインテスト

オススメあれば教えてくださいませ。

TOEIC受けに行ってきたのだ。集中力持たなかったのだ。でも最後までは何かしら埋めたのだ。

Kaori Kotobukiさん(@kaoritter)が投稿した写真 -

スポンサード リンク