我が家の生活を変えた!今年買って良かったもの10個 2015年版

スポンサード リンク

今年もいろいろ良いお買い物ができました! その中でも私や我が家の生活を変えたものを中心にご紹介します。ガジェット多めです。

Pebble Time Red

今年、私のライフスタイルを変えたアイテムNo.1は腕時計型スマートウォッチ、Pebble Timeです。KickStarterで初めて買ったガジェットでした。夫がMorphy Oneでやらかしているので、クラウドファンディングのガジェットには腰が引けていたのですが、Pebbleは初代もKickStarterで資金を集めてきちんとローンチしていたし、製品の評判も悪くなかったので、勇気を出して買ってみました。

感想は、「Pebble Time のおかげで、電話を逃さなくなった。買ってよかった」記事にも書きましたが、電池が数日持つ、防水なのでキッチンでも安心、電話や通知を見逃さないですむ、前後の予定がいつでもわかる、Misfitアプリが動くので運動&睡眠トラッカーになる、現在時刻と天気と日付がいつでもわかる、やろうと思えばテトリスくらいならできる、ニュースも読める、シリコンバンドにベゼルが太く角丸な画面というおもちゃっぽい本体もUIのアニメーションもかわいい、そして常に機械を身に着けているので気分がいい。などなど、お風呂以外の時間はつけっぱなしです。

20150908215640.jpg

MacBook 12インチ GOLD

自分で買ったものではなく、会社から支給された業務用のマシンではありますが、今年の私の相棒として大活躍してくれたという意味で、ランクイン。

ゴールドのMacBook 12インチに付属のAppleステッカーもゴールドだった件」記事でも書いていますね。

USB-Cのみに割り切った接続端子も、慣れれば特に不満はありません。軽いし、画面キレイだし、キータッチも薄いけどしっかりしているし、外部接続はコネクタを持ち歩けばいいだけです(若干やせ我慢)。

来年はまともに使えるWinデバイスも一個欲しいな。

綺麗に使いたいので、このハードシェルケースにいれて持ち歩いています。

QY7

Bluetooth接続のインイヤー型イヤホン。Amazonで2,500円弱というお値段も魅力の一つ。耳に合わせるためのパーツが豊富で、ピッタリ合わせられるので、長くつけていても耳が痛くなりません。

こんな形状になっています。

最近のiPhoneはイヤホンジャックが左下にあるため、ジャックにささっていると左手でスマホを持つわたしの手にはとても邪魔なのです。が、このQY7なら、Bluetooth接続のためイヤホンジャックを使いません。スマホを手で持つ時もがっちりホールドできるし、鞄に突っ込んどいてもいいし、家事をしながらのときはテーブルとかに置いとけばいい。楽ちんです。

これのおかげでPodcastを聞く時間がさらに増えました。たとえば、満員電車内、料理中、お布団の中なども。

ニトリの電気ケトル

電気ケトルもポットも持っていなかったため、今まではずっとやかんでお湯を沸かしておりました。そのためお茶を飲む機会もそんなに多くなく、冷たい飲み物ばかり飲んでいました。

ですが、もういい年だし、冷え性だし、体温めていこうと思って、意を決して(置き場を確保するという意味で)電気ケトルを買ってみたら大正解。お茶を飲む機会が増えました。ティーパックのほうじ茶か玄米茶かハーブティーを飲んでいます。インスタントフード(アマノフーズのお味噌汁はおいしい!)にお湯を入れる時も便利。いつでもお湯が使える生活っていいね。

ニトリのケトルのいいところは、ベース部分と電気ケトル本体が一体型のデザインで、セットした時の見た目がすっきりしていること。電気ケトルの代名詞みたいなメーカーのは、ソーサーみたいにベース部分がはみ出ているデザインが気に入らなかったのです。。

電気ケトル(ラマーレ 2SN-3228WH)

スプラトゥーン

マンメンミ(挨拶)!わたしがというよりも、むすめがめちゃくちゃハマっています。インクを撃ちあって色を塗り、陣地を増やす縄張り確保ゲーム、スプラトゥーン。小1でウデマエBクラス安定で、もう母ちゃんは勝てる自信がありません。

ステージや武器の追加、ゲーム内イベントであるフェス開催などアップデートも多く、飽きずに楽しんでいるようです。キャラクターも世界観もかわいいし、殺伐としていないので、こどもがやっていても安心なところも良いです。むすめは毎日毎日、YouTubeのお手本動画みながらキーボードでシオカラ節弾いてます。

BIC SIM

スマホ本体の割賦金とあわせて、3大キャリアのどれかに毎月8000円近く払い続ける生活に疲れました。iPhone6S SIMフリーモデルを買って、格安SIMに切り替えたことで、月5GB以上使うヘビーユーザの私も、電話番号そのままで毎月2-3000円くらいの通信料になりました。

ビックカメラ | BIC SIM(ビックシム)

AnkerのケーブルやUSB急速充電器やモバイルバッテリー

Ankerという周辺機器メーカーの信頼性が高いと聞いて、いろいろ一気に買い換えました。

今使っているのは、Lightningケーブル。

モバイルバッテリー。

そして、5ポート急速充電器。2ポートのも持っています。これとUSB-Cケーブルで、MacBookへの給電も可能です。旅行の時もこれひとつでほとんどの機械の充電がまかなえるのでとても便利です。

邪悪なハンコ屋しにものぐるいのはんこ

小学生ママになって増えた毎朝のタスクは、学校と学童の連絡帳や宿題やその他いろんなものへ確認サインをする作業。毎日数カ所にサイン書くなら、はんこにしてしまえ!と、むすめが大好きな黒猫デザインのかわいい専用はんこを買いました。もう数百回は押しています。ひとつで十分とわかっていつつも、もう一個違うデザインのもほしい。

#しにものぐるい のはんこ、ついに我が家にも届いたわよー!」ノート参照。

邪悪なハンコ屋 しにものぐるい オリジナルハンコ、認め印通販

goen planetplanetのゴールドなお財布

以前買った財布がボロボロになっているにもかかわらず、いいものに出会えず一年半くらい探し続けてやっと出会えました。条件は、ゴールド、長財布、札入れも小銭入れも2つに仕切られている、カード入れが多い、切手やクーポンや領収書など紙切れを入れられるジッパーつきのポケットがある、小銭入れが外側にあって財布を開かずともアクセスできる、かわいいことなどでした。森本千絵さんデザインの財布は条件にぴったりでした。

フラップのイラスト部分もかわいいし、中身もすごく使いやすくて愛用しています。

詳しくは、「ふくろうにゴールド。これでもかという金運アップデザイン。派手で可愛くて見るたびテンションあがりそう!!」ノート参照

手ぬぐいたくさん

今年のマイブームは、手ぬぐいでした。

きっかけは落語漫画。4kさんから、彼が主催する会「シェアする落語」や落語漫画「昭和元禄落語心中」について教えていただき、一晩で漫画を読み終え、落語といえば欠かせない小道具である手ぬぐいに興味を持ち、濱文様の手ぬぐいを試しに1枚買ってみたところから、転がり落ちるように手ぬぐいに心を奪われてしまったのでした。

かまわぬ、濱文様、kenema、JIKAN STYLE、永楽屋といったブランド手ぬぐいやノーブランドのお安い手ぬぐいを買いあつめ、あっという間に14,5枚ほどになりました。その手ぬぐいを、日々いろんなことに活用しています。タペストリーとして、ハンカチとして、キッチンのおてふきとして、お風呂やプールあがりに娘の頭を巻く、カメラなど機械を包む、枕カバーにする、お風呂場に持ち込んで半身浴読書中の汗を拭う、体を洗う拭くなど。大判で(フェイスタオルくらい)軽く薄手の布地は万能です。

毎日、家族で数枚の手ぬぐいを使い、洗い、ほつれた部分をハサミで切って、丁寧にたたみ、手ぬぐい入れにしまいと、ちゃんと使い込んでくったりやわらかい手ぬぐいに育つよう日々手をかけています。突如目覚めた私の手ぬぐい愛に、家族は若干引いてます。

Amazonで買える手ぬぐいなら、レトロ小紋シリーズがおすすめ。百円ショップのてぬぐいはいつまで使ってもごわごわ固いままですが、こちらは布の質が良いのか、使い込んでいくとやわらかくしなやかになっていきます。ブランド手ぬぐいはだいたい1000円前後〜というお値段ですが、こちらはその半額だけど良い品質です。かわいいし。

来年ほしいもの

惜しくもトップ10に漏れた、生活を変えたアイテムはMAKITAの掃除機と、Kindle paperwhiteでした。前者は掃除が気軽にしやすくなった、で、後者はバックライトのおかげで本がいつでも読める、です。Kindle PWは防水版待ってる。

さて、最後に、来年欲しいものを書いておきます。

  • Adobe Revel の代わりの写真ストレージ
  • 定期と鍵を小物を入れられる、マルチなキーケース

どちらも探し続けているのですが、これってものがみつかりません。来年も物欲道は続きそうです。

スポンサード リンク