松屋銀座で4/14から開催『ミッフィー展』の内覧会、写真&動画レポ

スポンサード リンク

むすめを持つママとしては、長らくお世話になってきたミッフィー。 6歳になって妖怪ウォッチのようなキャッチーなものに飛びついてしまったけれど、それでも可愛いものラブなむすめの本棚にいつもいるミッフィー。

オランダの絵本作家ディック・ブルーナが生み出したミッフィー(うさこちゃん)は、2015年に60歳になるそうです。60周年を記念して行われる展示会、『ミッフィー展』の内覧会に、松屋銀座さん&絵本ナビさんにご招待いただいたので、わくわく行ってきました!

20150414184324.jpg

さまざまなアーティストがデザインした、高さ180cmのミッフィー像が入り口にずらっと。左端は、クロスステッチで有名な大図まことさんデザイン。って、大図さんについては今日教えてもらったのだけれど「絶対好きなはず!」って紹介されて、まんまとハマった感じ。ミニハマビーズを愛する私が嫌いなわけがないお人でした。

ほぼ日の気仙沼ニッティングの方たちが手編みで作ったミッフィー。個人的にはこの子が一番ベーシックでかわいい!

他にはこんな子たちも。これはほんの一部です。

鉛筆のような画材で描いたたくさんの手描きスケッチ。あの丸み、全部手で描かれてたんですね。

立体ミッフィーも。

内覧会の今日は残念ながらオープンしてなかったのですが、グッズショップも必見です。

20150414205051.jpg

祖父江慎さん、大図まことさんデザインのミッフィーアイテム。たまらん。欲しかったー!グッズ買いにまた行きたいです。

というわけで、イベント概要です。

誕生60周年記念『ミッフィー展』

  • 開催期間:2015年4月15日~5月10日
  • 場所:松屋銀座 8階イベントスクエア
  • 開催時間:午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場。入場は閉場の30分前までに。)
  • 入場料:一般1,000円(前売り700円)、高大生700円(前売り500円)、中学生500円(前売り400円)、小学生 300円(小学生は当日券のみです)
  • 誕生60周年記念 ミッフィー展 - 展覧会&ギャラリー | 松屋銀座

なお、ミッフィーについては、大好きな友達でライターの林美由紀さんの書いた『「ミッフィー」がいつも正面を向いているワケは? 意外と知らないトリビアまとめ(1/3) - ウレぴあ総研』が詳しいのでこちらも合わせてどうぞ。

スポンサード リンク