Flickr に公開した全写真をエクスポート Mac アプリ "Pic togo for Flickr" が決定版な件について。あと相変わらず写真管理悩んでる。

スポンサード リンク

Flickr は写真ダウンロードが不便

みんな大好き写真共有サービス、Flickr。

以前は私もアクティブに使っており、撮影した写真はEye-Fiなどを利用して、片っ端から Flickr にアップしていました。

その後、パソコンがクラッシュしてデータが消えたりしたけれど、写真はあらかたFlickrにあるし安心。

と思っていたのですが。

Flickrは複数の写真をまとめてアップロードするのはとても簡単だけれど、ダウンロードは1枚ずつしかできずとても不便なのでした。

「大容量のネットワークストレージ買ったし、一回写真を全部ローカルにまとめるか。」と思いたっても、数千枚の写真を1枚ずつDLしていくなんて無理。

自分が公開した写真なのに、ダウンロードしづらいなんて、なんということでしょう。

Flickr Pro のライセンスが残り2週間の今のうちに対策せねば!ということで、調べた結果 Pic togo という Mac アプリが良さそうなんで、試してみました。

Pic togo for Flickr を試してみた

Icon.60x60-50.png
Pic togo for Flickr

使い方は、自分のFlickrアカウントと認証させて、以下のとおりダウンロードの設定を行います。全部Originalサイズで、Pictureフォルダに、画像をダウンロードしてもらうよう設定。

setting.png

ダウンロードする Photoset を選び、ダウンロード開始。 Pic_togo_for_Flickr.png

すると、Pictures > Pic togo for Flickr > Photoset名 のフォルダが自動で作られて、その中に画像が保存されてゆきます。簡単!ばっちり!これで十分!欲を言えば写真公開日に合わせた日付フォルダを作ってくれると嬉しかったですが、わがままは言いますまい。

それとおそらく、Pro アカウントのうちでないと自分が UP したすべての写真をダウンロード出来ないかもしれませんのでご注意を。

Icon.60x60-50.png
Pic togo for Flickr

Adobe Revel での写真管理への切り替え検討中

Flickrの写真全引き上げを行っている理由のもう一つは、ただいま写真管理環境を、 Adobe Revel へのお引越しを検討中であること。『Adobe Revelは理想の写真保管ツールかもしれない - @hitoshi annex on hatena』の記事を読んで、試してみたくなったのがきっかけです。

特徴は、毎月500円で容量無制限でクラウドに保存、PC&モバイルのローカルアプリですべての写真が手元にあるかのように扱える、すべての写真が基本自分のみ非公開でUPできる、指定したユーザのみ閲覧可能な共有アルバムを作れる、写真の補正・フィルタ・切り抜きなどといった簡易な加工が必要十分なところなどです。

ただし、VideoはiOS経由しかUP出来なかったり、こちらもダウンロードは1枚ずつしか出来なかったり、まだ連携サービスが少なかったり、機能が簡素すぎたり、有償期限が切れたら2週間で写真が消されたり、VerUP頻度が微妙だったり、Adobeのサービス継続をどこまで信用すべきか見定めねばなど、まあ不便もたくさんあります。

が、今のところ、容量無制限や基本非公開というメリットのほうが若干上回っているように感じます。特にプライベートの写真ばかり撮影しているので、公開&共有前提の Flickr は一つ間違えたら全世界に公開の危険があるのが怖い。

Adobe Revel は、もう少し使ってみてからレビューします。

というわけで、"Pic togo for Flickr" のおかげでとにかく過去 Flickr に公開した写真を全部ダウンロードできて一安心した、というお話でした。そして、このソフトのお陰で、もう少し Flickr で頑張ってみようかなと思ったりもしている。

スポンサード リンク