Twitter創業者が始めた新アプリ、モバイルQ&Aの『Jelly』、スクショたくさんで速攻レビューしてみる

スポンサード リンク

Jellyはじめてみた。

Jellyについて、詳しくはこちらの記事をどうぞ。
ツイッター創業者のビズ・ストーン、モバイルQ&Aプラットフォーム「Jelly」を立ち上げ [in the looop]

先月書いた記事、「LINE Qとnanapi アンサーで似たような質問をした結果、見えてきたもの - @kaoritter BLOG」の二つのアプリに似た感じ?

検索の次に情報にたどり着く手段として、個人同士の質問プラットフォームに着目する会社が多いみたい。機械検索ではなく、ぼんやりした期待を投げたら信頼できる人なり、群衆が情報に導いてくれる的な。

ともあれ。通勤電車内で使ってみたので、スクショをいくつか。

ログイン直後まで

これがアプリ。

このカードをむにょっと、したに弾く。その後もカード、はじく、というインターフェースが続きます。

ソーシャル連携でログイン。勝手に投稿しないよ、と注意書きあるの大事ですよね。

ログイン直後、誰も友達いないよと書いてある。かなしい。

質問に答えてみる

ちょっと待ってたら質問あらわれた。

何か、返信書いてみる。

回答の際、写真に落書きできるらしい。

答えたちは横スクロールで見られます。

質問してみる

いきなりカメラ画面。スマホ内写真や、Googleのライブラリ内の写真を利用できるようです。

テキストのみはダメぽい。なんでもいいから、画像を用意しろと。ふむ。

Googleのライブラリから検索。いっぱいでてきた。

写真と質問とリンクと写真に落書きして質問投稿。

質問、回答のアクティビティはここから見られます。

感想

  • 自分の友達に聞く式なので友達いないとさみしい。
  • 質問に写真が必要なのはちとめんどいが、アイキャッチなんだろうね。
  • 何をどう質問してここを楽しむのか、まだイメージわかない。

でした。

あわせて読みたい:Quick Initial Thoughts On Jelly - Haywire

iPhone より

スポンサード リンク