昨日と今日公開されたばっかりの Twitter Follow ボタンと Google +1 ボタンとついでにTumblr ボタンをテストで設置してみました

スポンサード リンク

Twitter Follow ボタン

まずは、6/1にTwitterから発表されたばかりTwitterのFollowボタン。ボタンを任意の位置に設置すると、閲覧中のページから遷移することなくそのページ上ですぐフォロー完了できるらしい。設定できる要素は、フォローさせるユーザ名、背景色2パターン、フォロワー数表示有無、言語。設置するコードは2行でaタグとscriptタグ。

twitter follow.png

実物はこちら。ふぉろーみー。

Google +1ボタン

一方こちらは、6/2にGoogleが発表したばかりの+1ボタン。ページに対して1票入れる、といったイメージで、Facebook Likeボタンに似ています。+1の多いサイトは検索の上位に表示されやすくなり、将来的には検索結果リストに+1した友達の顔も表示されるらしい(要調査)。詳細は下記動画をどうぞ。

こちらは設定項目は、サイズと言語のみ。設置はhead 要素内または body 終了タグにscriptタグを設置し、各ページにボタンのタグを1行設置。つまり2箇所に設置が必要です。

Google.png

実物はこちら。+1 プリーズ。

Tumblr ボタン

おまけで5/10に発表された、Tumblrボタンも追加。デザインを選んで、発行されたaタグ入れるだけの簡単仕様。

実物はこちら。

Share on Tumblr

Facebook いいねと送信ボタン with 顔アイコン

さらに追加!XFBMLの実験も兼ねて。

実物はこちら

Facebook Like Box

さらに実験は繰り返す

iFrame版

XFBML版

Facebook Comment

コメントはURLとひもづいているのだろうかの調査。とあるURLを直打ちのコメント欄をつけてみる。

XFBML版



スポンサード リンク