IKEAのショールームの各部屋に合計額と住人写真があるといいな

スポンサード リンク

IKEA新三郷店。青い空にIKEAブルーとイエローが映えますね。

IKEAで一番楽しみなのは、レジャーランド気分でいろんなインテリアを楽しむこと。インテリアのイマジネーションとモチベーション(主に部屋を片付けようというw)が沸きますね。

「生活を楽しくしよう」というメッセージあふれるドリーミングなショールームではありますが、気になったことがひとつ。各部屋にどういう人が住んでるかをイメージさせるような顔写真とメッセージ、それと「この部屋まるごとXX万円」が表記されているのが一部の部屋だけだったので、全部屋あると良いなあと思いました。実際、印象に残った部屋もインテリアのイメージと住んでる人の顔がセット。マンガやフィギュアのディスプレイエリアがある独身男性の部屋でした。写真に写ってる顔といい置いてある物といい、知り合いにいそうでいないレベルのスタイリッシュさ(笑。

レイアウトされた部屋だけからも住民を想像するけれども、そこに人の顔写真があるとよりリアリティが増し印象に残る。実際同行者とも「友達の誰々の部屋っぽくない?」とか「うちの家族が多ければこんな感じ?」など自分の生活に結びつけて考えられるという感じ。IKEAには是非、全部屋でストーリーを見せる部屋作りをしていただけるともっと楽しめるなあとおもいました。

それと、合計金額ね。「まっさらから10万円でこんな素敵部屋に!?」なサプライズこそがIKEA!だし、逆に「まあ**万だしゃーこんなキッチンも出来るよねー」みたいなひがみもそれもまたヨシw

スポンサード リンク